「大江戸八百屋町を荒らしまわる・・

鼠小僧次郎吉とは、おいらのことせぇ~~」

「いよ!次郎吉!!!」

と言ったのは大衆演劇の話。

でも、今回はこんな感じ。「行け行け~川口ひろし~♪」の歌が出てきたので(笑)

何をしているのかと言うと・・ネズミ退治なのです。春先にネットの調子が悪くて、機械が古いせい。そう信じて 機械を交換してみた。でも、改善しなくて。おうもとのサポートセンターに電話したり、ネットで調べたりと・・・でも、ダメ

そのうちに機械は壊れていないことが分り・・・線が断線しているようだ・・・とひとつひとつ 調べていくと・・・あ?もしかしてネズミ?

と屋根裏に吸い込まれるかのように 登って行くのであった。

荒らされたあとはなかったようだけど、ネズミがいた痕はあったようで・・その後、別の用事で電気工事を頼んだ時に、見つけてくれた これ

ネット環境に大事な線を 食いちぎっていた。とかで、これを直してもらった。すると、ネットの環境は 良くなり 一安心になったけど

どこかにいるかもしれない ミッキーマウス を撃退すべく知恵を絞る人間様との知恵比べ なのだ。

ウィンうぃん だね!

日本の地方の問題なのだ。山などの土地がありながらも、どこが自分の土地なのか、大体の場所が分っていても、正確に山の区画が分らない・・

そんな話、やはりここらもある・・・。それと、高齢化していて 土地の管理ができずに荒廃していることだ。

薪ストーブを使っているので「いらない木があったら切りに行ってかたずけます」と言っているせいか 「切り倒してほしい」と声をかけられたりする。

この場所もそう 生い茂って草刈りしないと入ることすらできなかった土地だ。

薪ストーブサイズに成長した木を切り倒し、切って運んで。枝を取り、小枝ぎりぎり残して これも積み込む。

鬱蒼としていた雑木林に光が差し込んで、いい感じに!作業を見ていた爺ちゃんも どこでも疲れると お座りして。見てるだけ~~(古い!)

少しづつ 地道な作業なのだ。地主さん喜んでくれたな~?

塗りぬり ぬりぬり。。

 

我が家の毎年の作業が これ↑ 木製品にペンキ塗り塗り。天気の良い日を選んでの作業だ。この日は、子供も参加。

作業は性格もよく表れる。子供は 細かいところに気がつくらしい。私がやれば、大胆で早いのだろうが 娘がいたらきっと 「まったくもう~!!」て突っ込みが 入るのだろうな。

これは、作業前にかるく拭いてゴミなどを取っているんですよ! ちなみに、この子は 誰か分る?木製品が多いし 二度塗りするとかで 半日ほど かかったけど 見違えるようになったわよ!