かおるの 秘密の職人

娘は小さいころから知能犯で、「えぇぇ~?」と言うようないたずらをする子だった。パソコンのプリンターのほんのわずかな隙間から小銭をすりこませ 動かなくしては 分解掃除して直さなくては行けなかったり、糸を机同士結びつけてクモの巣みたいにして とうせんぼしてみたり。

手先が器用なので、パンやになったら?とよく 言ったもの。「嫌だ」のお返し。

 夏のとある日 セメントで補修したいところがあるからと 旦那くんが・・。爺ちゃんが得意だったが今ではかなり怪しいので、私が 娘を呼んでごらん と

呼んでみたら、素直に出てきてやり方だけ聞いたら躊躇なくはじめて御覧のとおり。 綺麗になって「すごい」と爺ちゃんも旦那くんも 喜んでいた。

これ、娘が初めて小手を使って塗ったところ まずまず。娘が職人のように見えてきた

そして就活中の娘は「左官屋にでも行こうかな~!!」と ひとこと

可愛いでしょう~♪瞳にウィンキー

バックのミー のイラストが気になるかも知れませんが、またまた作ってくださったんです!!

今回は、フェルトで。あの針をキコキコ刺している感じを思うと時間の 重さを感じました。ありがとうございます。大事にします。

果物ネットでで作られた網が素敵です。今はかおるのここにおります。

脇のサントリーの鳥のグラスがミソなんですヽ(^o^)丿

ちょっと 幸せ

息子が 高そうなケーキを土産に帰省したので、夜 ジャンケン(笑)をして、好きなケーキを取りあった!!

その時のPIC 本当はインスタ映え(笑)するようなのを撮れれば良かったんでしょうが・・・

家族が集うことが 当たり前では無くなってきているので こんな風景を。。。

夏野菜も 採れとれ中

これ、一月ぐらい前のpic です。その後も採れてはかおるのテーブルに出し続け、あまり加工保存することもなく来ました。

こんな 坊っちゃんかぼちゃの肉詰めオーブン焼きと トウモロコシになってみたり・・

もろきゅう、ミニトマトのマリネ 人参のキッシュやらいろいろ変身しました。

トウモロコシの皮を剥く役の子供たち。「嫌だ~」と毎回 返事代わりに発してから手伝いに来ていました(笑)

ついでにこれは、採れた人参 これからフードプロセッサーですりつぶされ、人参ケーキになるところです。ところが、今回気がついたのですが、ビフォアー アフターが撮られていないんです(笑)前回の 工事現場の 穴の写真、今回の ケーキになった写真!!ケーキはすでに おなかの中でした(^^♪ お粗末

この後 保存食になったのは みょうがの甘づ漬け、夕顔は汁ものように冷凍へ 今は採れ続けているミニトマトを ドライにしています。

秋まき野菜の季節 9月は一気に秋モードです。

河川工事だよ!

ひとつの「穴」がこんな大事の工事に!!

かおるの前の黒川は以前の洪水で、川が氾濫し床下浸水したため、堤防ができました。(え、そんなことがあったの?と言われそうだけれど) 今回はその堤防の隅にできたメロン大 ほどの穴から 話は始まります。

7月のとある日 釣り人から「堤防わきに穴があるので 危ないから」とお知らせが・・・。見ると、何だか見落とされそうな所に 穴が開いていました。主人が見て 「これは、大変だ!!釣り人でも落ちたら えらいことだ!!」って・・・?私には、その穴がよくわかりませんでした。

この写真のユンボの足元あたりに それはあった。見ると、「なんじゃい?これえ~?」堤防の隅に 「鼻くそ」程度の穴があいているだけでは有りませんか!! 何をそんなに大騒ぎして?と思って地下ずくと メロンぐらいの穴の奥が洋ナシか、ヒヨウタンみたいに 空洞ができていました。 高さは、川までなので2メートルは 有りそうです。

つまり、地上で見えた穴は本当にわずかでも 中の空洞は長い間堤防の基礎部分を壊し、中の石やら じゃりやらが流れ出てしまい大きな空洞を作ったようです。つまり、見えていたのは、ホンの頭の先だったわけです。

工事は、大きな石を詰め、コンクリを詰めるようでした。なんでこんなトラックやらの重機まで?対岸の草を刈り、ユンボデ釣りあげてブルトーザーが川に置かれました。川の中にある大きな石をユンボで釣り上げ水の流れを変える作業です。穴は、堤防の一か所に力がかかり続け壊れていったらしいので、そこを補強しつつ 穏やかな流れになるようにしていました。

どこにでも有りそうな話ですよね!!2日間だけでしたが お爺ちゃんと主人が わくわくしながら見守っていた工事でした。