楽しい!!封筒作り

昔から 綺麗なカレンダーとか包装紙があると カードを作ったり、封筒を作ったりするのが好きで・・・今回も 浮世絵カレンダーがあったので

それで工作してみた。

やばい!!非常に楽しすぎる(笑)

あればあるだけ 作りたい衝動に駆られ カレンダーが無くなるまで作っていた。

それがこれ↑ 後は お便り出すだけなんだけれどもな~。手紙出す相手が 少なすぎる!!

永田萌の封筒は これから出すもの。

誰か私の 相手して~アナログ大好きな お年頃です。ハイ

秋だイもだ わっしょい!!

さつま芋なるものを 今年初めて挑戦してみた。暖かい地方の野菜なので この土地ではいかがなものかと案じてみたが、農業初心者マークの私たち、「おためしに」とお気楽な気持ちで 苗を買って 見よう見まねで始めた。

しばらくは何の変化もなく 葉っぱも伸びない、でも枯れてはいない・・・の長い時期を超え 葉っぱも伸びてきていた。

何かはできるかも(笑)と 喜んでいた。

収穫の時期を迎え 二人して芋の蔓の根元にハサミを入れ切り離し 手をいれてみると・・・

「お、ある!!できているぞ~」と安どの声。それから8本ほどの蔓を次々と切り離し 「大 いも掘り大会」を二人してやったのでした(笑)

いも掘りなんて 幼稚園の時と 20代の時以来!!

童心に帰って 掘り起こしましたよ~

しばらく干して この間 芋天で頂きました。

まずまず ですが、私たちにしてみたら 上出来 なのでした )^o^(

季節にはきせつの・・・

昼食はパスタにしょうと思いながら2年前の 「暮らしの手帳」をパラパラとめくっていた。

読み物を見ながら 煮物を見ていた。料理人が手ほどきしながら作っているようなレシピの紹介・・・。読み進むうちに 「やっぱり根菜類の煮ものにしよう!」と 煮物を作った。

和食がいい!!とか声高には書いてもいなかったが、にじみ出る季節に出回る 体に良いものを・・・と語りかけられたような感じがして・・・・。これになった(笑)

爺ちゃんも喜んで食べたし 時の声を聞いたかな~?

秋だもんね!!

夏の終わりに・・・

冬の日々の話もそうだけれど、夏の終わりは忙しい・・・・

新しく 秋野菜のために耕しては種を蒔く作業をしなくてはならないのだ。それと並行して収穫される夏野菜を加工するなどしていかないといけない。

夏場の多くのお客様が来られているときは 足りないぐらいだが 数人ともなると・・・写真はミニトマトのセミドライに加工したもの。

バジルは バジルソースにして瓶詰に。バジルを収穫していたら爺ちゃんが来て「これはなんというもんだい?」と聞くので「バジルだよ」 「え?パシル」 違うよ~バジル!! 「パシル?」 え?は にてんてん の「バ~」なんて まるでドリフ みたいなやり取りをし(笑) でもって「それは おひたしにして食うのか?」と言うので 私は言い返せづ「そうだよ。爺ちゃんに食べさせてあげるわ!!」と続くのであった。

ドライトマトも入れてみましたよ~

これは今もなっている 辛南蛮 この地域独特の食べ方をする 辛いトウガラシ。これの種を取り刻むのだが マスク、手袋 なしには作業ができないほど 刻むとあの独特の辛味臭が~~

麹と砂糖 醤油、刻んだ南蛮をいれて 煮ます。煮詰まって瓶詰。美味しくもパンチの利いた味噌の出来上がり!!

かくしていまだに こつこつと保存食が作られているのだ。