つぶやき・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今月8日に 実家の父が亡くなりました。

癌でした。

私が親族に連絡する役で 弟が葬儀関係の話し。長男は海外にいるので 事務的なことなどでへとへとでした。母の時は、父が全部 連絡してくれていたのでこの大変さが分りませんせした。同じ話を繰り返し 話すのも大変でした。

実家に兄弟 3人が揃いました。

海外に住んでいるので3人して集まることなどありません。

兄弟が3人揃っているのに 「喜んで迎えてくれるはずの 親が家の中にいない」と言うことの寂しさは 何とも言えないものでした・・・・。

「子供がいるのに 親がいない」この時 本当に亡くなってしまったんだな。と実感しました。

でも、その後は 懐かしい兄弟たちの友達やら 近所のおばちゃんと その子供。親戚たち。父の三味線の仲間たち。

兄弟3人して 頑張れ!!そんな言葉を周りからいただき

みんなを集めてくれた 父に感謝しました。

我が家の式年遷宮

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊勢神宮ではないのですが、数十年に一度改修工事がありますが今年は そんな年に当たりました。

屋根のペンキ塗りです。

面積が広すぎるのと、雪国ならではの屋根の傾斜のきつさで 素人には太刀打ちできづ プロにお任せしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足場を組みに来て大がかりな感じになってきました!!

作業は、屋根の掃除(高圧洗浄機で洗い流す) 錆止めを塗る 本塗りで 作業すること一週間の予定でした。でも、屋根を二日かけて洗ってからは・・・・毎日のように 雨 雨 あめ~~

で、2週間何もできずにこのまま・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やっと作業できるようになったのは3週間後ぐらいから。その間 お客様にはご迷惑かけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この色が 今回の我が家の屋根の色。15年前ぐらいにペンキ塗ったので今度も15年後でしょうか(笑)かの 式年遷宮も その時までに技術の習得や 伝統の継承など様々な意味合いがあると言われていますが。。。その時までに 資金も調達しておかなくてはいけない 台所事情も 裏ではあるのでしょう。我が家もそうです(笑)

で、今回のこだわりは屋根の下のところの色 ですが今までは ピンクや 白でした。

主人がドイツの世界遺産 のとある町の風景を見たときに 「これ!!」と思ったらしく 黒にしました。

なんでもそこの町は 火災に会い復興するときに残った焼け焦げた柱を 土台や建材に使わざるを得なく、安くするために みな同じデザインの家を 建てたので 街並みがとても美しいシックな 家々の風景が 世界遺産となったようです。

そんな ことからヒントを得たかおるの 屋根下の軒先もまた 見てやってください!!