懐かしの 木曽駒高原スキー場 2

7-1山菜002_R

山菜採りをしながら「そんなこと言っても、なんか獣の音する気が・・」

と心細い。特に 採れる獲物がないと こんなことばかり考える(笑)

時間を気にしながら、半ばほどで引き返すことにした。

もちろん山菜採りながら。

主人のきこりの現場まで歩く・・。7-1山菜003_R

でも、斜面や構造物からここがスキー場だったことは まだ解かる。

でも、使われなくなってしまった 現場のなんと寂しいことか!!

主人が切った木を車に詰め込む。今回は桜が多かったようだ。

7-1山菜006_R

そして、帰り道。木曽駒の伏流水として湧き出ている水場。

とてもいい水で、名古屋ナンバーの車がひっきりなしに

水を汲みに来ていた。7-1山菜008_R

飲むと角がなく 甘味のある水で 冷たくてとても美味しい

水だった。なるほど汲みに来たいわけだ。7-1山菜007_R

7-1山菜005_R

この水をくみ上げ 水ビジネスをするという話もあるようだ。

製品化されたら 紹介するので

待っていてね!!

「あっちの水は 甘いか かおるの水も 旨いぞ~~ほっほっほーた・・・」

懐かしの 木曽駒高原スキー場 1

7-1山菜012_R

よ~く見てください。どこだか分りますか?

なんて、タイトルでバレバレ(笑)

木曽町の木曽駒ケ岳のふもとにあったスキー場跡でございます。

ここで 山菜がりと薪を頂きに やってきたのだ。

環境整備のため間伐しているから来ない?と声をかけられ喜んで来たのが主人。7-1山菜010_R

私は 蕨が出るから採っておいで!と地元の人々。

昔斜面だったところを草をかき分け登ると

あっちにこっちに・・とすこしづつ採れる。でも

山菜採りによく人が来るようなので、人の道

がよく見るとできているのだった(笑)7-1山菜009_R

「変な獣 いないから」とだけ言われての出発。普通なら女一人で こないよな~

と思いながら歩いていた。7-1山菜000_R

すると、小さな蝶が沢山いる!!これ何??

シジミチョウ とやらかな~~?調べもしないので想像。

蕨と つりがね人参を頂き。

7-1山菜001_R

↑これが つりがね人参