渋谷ヒカリエ でもお上りさん だった

7-7いろいろ012_R

7月の話だけれど、話題の ヒカリエに行ってきた。

「大人女子」狙い のようで似たような 年代の人びとが行きかっていた

しかも、バーゲンの始まり。これは、何か買わないと(笑)

そんな気分で見て回ったけれど、見ただけ!!

だった。(--〆)

7-7いろいろ014_R

ケーキをお土産にとも考えたけれど、時間かかりすぎ

しかも着くのが夜なので 食べないし・・・

有名パテシエのショップのあるのにな~~

結局 パンを買い 喉を潤すためにフレッシュジュースを飲み 弁当を買い込み・・・・それでおしまい(笑)

よくわかんない!!

悔しいけれども、東横線の駅が地下に入ってから

もう、よその国 みたいになってしまった・・・

7-7いろいろ013_R7-7いろいろ011_R

↑この店 かわいかった

初夏の香り ラベンダー

7-10カーテン005_R

我が家は家を囲むように 庭がある。花も植えてある。

覗きこまないと見れないところにラベンダーが咲いている。

ここ、ママが引き継いだ庭なのだ。冬に枯れていたラベンダーを「汚らしい」と爺さまが全て抜いたショックから 今のところに植え替えた。

この季節に目と香りで楽しんでいる。

7-10カーテン004_R

花開く前に刈り取りドライにした。

ここを歩くたびに素敵な香りに遭遇する。

おらほ の夏祭り(白山神社例大祭)

15日に地区の祭りがあった。

今年は、わが地区が当番で朝から掃除などで集まった。7-23白山神社005_R

7-23白山神社001_R

同じ地区とはいえ、久しぶりの顔が沢山あった。地区の話やら 私の知らない話を聞いてさながらの井戸端会議だ。

外の掃除と中では宴会用の食事作り。午後から奉納のお神楽などがある。

田舎だからの習慣で昼間っから酒を飲む。

声の大きくなったおじさん達をしり目に準備は続いていた。」7-23白山神社003_R7-23白山神社002_R

みんなが待っているのは 我が家の娘も舞った お神楽だ。

地区の女の子たちが春先から練習しだす。その成果を見ようと

7-23白山神社007_R

親はもちろん地区の人々が見守る。

学年の小さい組から始める。見ていてもほほえましい!!

7-23白山神社008_R

7-23白山神社010_R

こんな田舎ですら地域の交流が希薄になってきたと感じる。

せめて 何かの行事があった時には顔を突き合わせて

日ごろの労をねぎりあいたいものだ。

お茶の時間!!

2013-6-19食事 007

ねじりん棒のお菓子は 地元 宝香堂のパイ生地のラスク

お皿はリサイクル品(笑)

マグカップは 北欧フィンランドの

アラビア社 「ルノ」 デザイナーはheini riitahuhta(ヘイニ リータフフタ)

写実的すぎて 少し苦手だったけど

「北欧食器 福袋」(笑)

の中身のひとつだったので!

でも今は このデザインの良さが解かってきた かな?

気分を変えて (15年の ありがとうカーテン)

7-10カーテン003_R

カーテンを代えた。

以前のは、カントリー調の薄いピンク系のチェック柄だった。

5年前にも見積もりを取り 代えるつもりだったが 優先順位で辞めてしまった経緯がある。

結局15年間使い続けた。近頃は洗濯ネットに入れて

洗濯してもばらばらとほつれてしまっていた。

遠目にはいいけど 近くで見ると・・・

私ら 中年世代みたいなもんだな(笑)

今回は やはりピンク系の落ち着いた柄とこれ!

私は オリーブ系の明るい色を希望していたが

「防火機能」がついていないとだめだったり

金額が素晴らしかったりで(--〆)

この若草カラーに決めたのだった。決め言葉は7-10カーテン001_R

7-10カーテン000_R7-10カーテン002_R

「イメージを変える」だった。

だから今 自分のところではないぐらい そわそわしている(笑)

そう、落ち着かないのだ!

7-10カーテン004_R

皆さんにも早く 見てもらいたいな。

外の ラベンダーがいい感じなので花開く前の

ラベンダーを収穫して 窓辺に干した。

7-10カーテン005_R

近づくといい香り~~(^-^)

涼しい高原の風を あなたに

7-9開田006_R

開田高原 木曽馬の里から見た 御嶽山のいま。

観光シーズンではないので人も まばらで

ただ涼しい風だけが通り過ぎていた。7-9開田001_R

ブルーベリーも実を染め始めていた。

それと連呼するように、そば畑は真っ白の 満開!!

想像しただけでも素晴らしいでしょ!?

7-9開田000_R7-9開田004_R7-9開田005_R

かおるの館内は クーラーなしで熱いコーヒー飲んで くつろげるの(笑)

これって、すごいことだったんだと実家に行って 感じたこと。7-9開田003_R

都会の夏は 冷たい飲み物を飲んでも 飲んでも

汗とかでなくなり蒸発してしまうほどに 暑かった(笑)

そんな暑さの中 頑張っている皆様へ

ここで 涼しげな季節の便りも お送りしますからね

暑さにめげずに ふぁいと!!

ここは どこ?

7-7いろいろ010_R

地元の はず(笑)

の新横浜に行ってきた。

横浜の繁華街ならよくわかる。でも、実家から近いここ新横浜は 本当に

「おのぼりさん」状態なのだ。

ママが新横浜を足を踏み入れていたのは、10代後半~20代ぐらい。

新横浜自体、新幹線の駅を畑のど真ん中に作った駅。

だった。新幹線と言っても、こだま(懐かしい)しか止まらず

駅としての機能があまりなされてはいなかった7-7いろいろ009_R

自動車の教習でここまで走ってきた。車も少なくて教習には良かったのだろう。

とにかく、多少の建物はあるぐらいの場所だった。

ところが、何もなかったのが幸いしてか、

どんどんと劇l場やサッカースタジアム スケート場

大きな病院とかができさらに 新幹線もすべて止まるようになった。

7-7いろいろ008_R

街は急速に発展。

それを知らずに足を踏み入れたから

本当に「タイムスリップ」だったのだ(笑)

後に父に 新横浜はその昔 「梨畑」だったよね!と

「平成狸合戦ぽんぽこ」みたいな会話を交わしたのだった(笑)

歩けなくて本当に「ここはどこ?」だったの

美味しそうな写真は、一休みのために入ったお店で・・・

キュートな プンバ みっけ! リサイクルに思う

7-7いろいろ001_R

大好きなリサイクルショップで物色が終わり

「ご自由にお持ちください」のコーナーで えんじの物体を発見!!

見ると「プンバ」じゃあ、あっりませんかぁ!!

すぐさまカバンに入れて連れてきたわ。

なんと新品。

「ライオンキング」を観てきた余韻が残っていて

嬉しくなって、ママの趣味コーナーに置いてあげた。

7-7いろいろ000_R

どうしてタダなの?と言われそうなので・・

ここのリサイクルショップは 商売ではなくて地元の福祉団体

がボランティアで運営されているところで

町場の住民からの持ち込み商品を販売しているのだ。

だからいつでも素敵な商品があるわけでもなく・・・

7-7いろいろ002_R

(21センチの素焼きの鉢 200円)

毎日 開いてもいなくて週に3日ほど・・の数時間。

だから、ここが開いている日時を合わせて買い物ついでに

見に行くわけなのだ(笑)

入るときは「また来ました!!」と言ってはいる。

7-7いろいろ006_R

(割られてしまいどんぶりで対応していたので見つけた時は 嬉しかった 150円)

7-7いろいろ007_R

(なんか、でも裏には手作りとか・・・)

持ち込みなので、冠婚葬祭にもらったような 品物がある。

昔 お中元はガラスのグラスとか 器とかだったな~と

思い起こす商品や 結婚式の引き出物だったらしく裏に

名前が入っているお皿だったりと さまざま。7-7いろいろ005_R7-7いろいろ003_R

(昔の流行りのピエールカルダンも現役)

ここ、服も扱っているのよ。壊れていたジーンズを買って

直して娘に着せたりしている。リメイクだって中古なら構わないし!!

自分が「すき」と思ったら 何でもお宝だと思うの!!

もう少し リサイクルショップ通いは続きそう(笑)

美味しいよ ベーグル

2013-6-27ベーグル 002

はいはい、美味しいベーグルでおやつタイム。

中身はチョコ。他にはチーズ味も。

娘と作ったのだが、粉から一緒に作った。娘、学校で職業体験で

地元のパン屋さんに行ってから 少しパン作りに関心があるみたい。

発酵や生地に中身を混ぜ込んだり・・・特にベーグルは

お湯につけて発酵を促し作るのが特徴で、

「うわっ、やべ~~」なんて言葉を発していた(笑)2013-6-22ベーグル 0012013-6-22ベーグル 003

作る工程ごとにSNSでライブ中継していたようで(笑)

「みんながくれって言うから 少しちょうだい」といって持って行った。

おやつのマグカップはドラマ「結婚しない」で天海祐稀さんが使用していた

マグらしい。この形、以前のこのブログで 紹介した

ポーランドマグと同じ形なので 私は使いやすいわ。日本製。

ベーグルを乗せた皿は もちろんリサイクル品。

本来はカップもついていたんだろうな~。お皿だけリサイクルに持ち込んだ

てな、素情だと思う(笑)

でも、お皿がシックなので何だか

こんなのに乗せると たちまちのうちに グレードアップ

してしまうのですごいな!!と一人思う ママだった!

懐かしの 木曽駒高原スキー場 2

7-1山菜002_R

山菜採りをしながら「そんなこと言っても、なんか獣の音する気が・・」

と心細い。特に 採れる獲物がないと こんなことばかり考える(笑)

時間を気にしながら、半ばほどで引き返すことにした。

もちろん山菜採りながら。

主人のきこりの現場まで歩く・・。7-1山菜003_R

でも、斜面や構造物からここがスキー場だったことは まだ解かる。

でも、使われなくなってしまった 現場のなんと寂しいことか!!

主人が切った木を車に詰め込む。今回は桜が多かったようだ。

7-1山菜006_R

そして、帰り道。木曽駒の伏流水として湧き出ている水場。

とてもいい水で、名古屋ナンバーの車がひっきりなしに

水を汲みに来ていた。7-1山菜008_R

飲むと角がなく 甘味のある水で 冷たくてとても美味しい

水だった。なるほど汲みに来たいわけだ。7-1山菜007_R

7-1山菜005_R

この水をくみ上げ 水ビジネスをするという話もあるようだ。

製品化されたら 紹介するので

待っていてね!!

「あっちの水は 甘いか かおるの水も 旨いぞ~~ほっほっほーた・・・」