ウィンうぃん だね!

日本の地方の問題なのだ。山などの土地がありながらも、どこが自分の土地なのか、大体の場所が分っていても、正確に山の区画が分らない・・

そんな話、やはりここらもある・・・。それと、高齢化していて 土地の管理ができずに荒廃していることだ。

薪ストーブを使っているので「いらない木があったら切りに行ってかたずけます」と言っているせいか 「切り倒してほしい」と声をかけられたりする。

この場所もそう 生い茂って草刈りしないと入ることすらできなかった土地だ。

薪ストーブサイズに成長した木を切り倒し、切って運んで。枝を取り、小枝ぎりぎり残して これも積み込む。

鬱蒼としていた雑木林に光が差し込んで、いい感じに!作業を見ていた爺ちゃんも どこでも疲れると お座りして。見てるだけ~~(古い!)

少しづつ 地道な作業なのだ。地主さん喜んでくれたな~?

まだまだ現役 爺ちゃん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シーズンに入る直前まで 薪を集めている。

ご近所で木をくれると言うので主人と爺ちゃんが採りに行った。

木の性質を良く分かっているので「爺ちゃんは大したものだ」と主人も感心していた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「わしは、へぇ疲れたわい」とすぐ言うようになったけど すごい!!

木を切って集める人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近所のおじさんが木を切ったので 持って行ってくれ!薪ストーブのために木をくれる。

この日は私も運ぶ手伝い。丸太にしたものをブルのバケットに運び入れる。

山の中でないので、ご近所の間伐材は本当に助かる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長野は森林税なるものを一人 年間500円払っている。

間伐が進んではいる。

この前 人手不足解消の範囲を林業部門にも・・といってテレビでニュースになっていた。

え?と私は言いたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

息子の就職活動時に 林業関係の会社を探したが 長野県ほとんどない!

会社は、林業の即戦力になる 森林組合などの退職者を臨時で雇い 新卒者を雇いいれようとする会社が極端に少ないのが 現状だ。

それと、林業関係の賃金の低さもある。 先生方も具体的な話をしてくれた。

「家族4人でこの年収で暮らすのはかなり大変だよ」と・・・周りの林業従事者の話をしてくれた。雇用は少ない、暮らしは大変!

こんな話を聞いて・・・息子は林業関係をあきらめてしまった。

(森林税はどこいってるの?) 森林関係の環境改善をしないと・・・人は定着しないよな!

だから外国人?

そんなことを感じる。 かなり矛盾した話だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、間伐材は木の枝も無駄にはせづのこでキリキリ・・この作業は私が!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

麻ひもで結ぶと オブジエみたい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとはとにかく切って切って切りまくり(笑)

薪棚で乾燥の日々・・・

薪割り 薪切りしたい人 大歓迎であります!!