ほら、秋来ているでしょ!

夏があまり暑い日がなく、雨ばかり降っていたので、キノコが豊作か?なんて、淡い期待もあったが、どっこい!豊作でなく凶作。昨年の4割ほど。

松茸が出なくて、キロ4万とかのうわさを聞いては、去年なら小金持ちになれた!!と 笑ってみた。

雨が多かったので、きのこの汚れもひどい!!これを食べられる状態にするのも 一苦労。でも、ひとつづつ手をかけて、食べられないキノコは ないかとチェックする作業になるので 大事なひと手間なのだ。

親子が 作業しながら会話するって いいよね!

赤い宝石 ビート

インスタ映え なる言葉が登場しているが、私も参加している。よく、料理の写真を目にするが、最近の傾向は、このピンク系 の食材が登場しているのだ。

ポリフェノールの多い食材は、切り口から綺麗で、蕪、大根、紫キャベツ、じゃがいもも、カラフルなものが 登場し、驚いている。

中でも、インスタクイーンと思っているのが このビートだ。巷ではビーつ と呼ばれているらしい。

水に入れた途端に、綺麗な赤が!!

ビート入りのケーキ。上は 焼く前の、ニューヨークの店に並んでいそうな 色でしょ?下は 焼きあがり。

ビート臭さはなく、美味しくできましたよ!!今年は冷凍したので何度となくデザートに出るかもしれません( ^^) _U~~

秋の実りの ムカゴご飯

長いもを育てているわけではないが、何年も前から自然薯ができている。今年はこのつるに かわいらしい実がなっていた。いつもは無関心だったが、つるを誘導していたので、どれどれと 収穫してみた。

炊いてみると「美味しい!」毎年 枯らせていたなんて残念だった。

わずかな量だったので、一度きりの恵み 来年は、もっと・・・。

加工品だよ!!ゆかり

毎年 赤シソで紫蘇ジュースを作っている。紫蘇を「煮物か?」ってぐらい鍋に入れて煮込み、砂糖、クエン酸を投入して作っていた。でも、毎回 残った葉柄を何とかできないものかと思っていたら、あかしその ふりかけ「ゆかり」ができることが分ったので 挑戦!!

一緒に梅干しの中にあった 紫蘇も使い揉んで、乾燥へ。

乾燥中

ついでに、トマトも!!量が多いので なかなか・・・。

ここまできたら 出来上がり。フードプロセッサーで粉々にして塩を混ぜ大きいひと瓶ができました。でも、市販の方が美味しいような・・・(色が悪いので 気持ちの問題かな)

夏野菜も 採れとれ中

これ、一月ぐらい前のpic です。その後も採れてはかおるのテーブルに出し続け、あまり加工保存することもなく来ました。

こんな 坊っちゃんかぼちゃの肉詰めオーブン焼きと トウモロコシになってみたり・・

もろきゅう、ミニトマトのマリネ 人参のキッシュやらいろいろ変身しました。

トウモロコシの皮を剥く役の子供たち。「嫌だ~」と毎回 返事代わりに発してから手伝いに来ていました(笑)

ついでにこれは、採れた人参 これからフードプロセッサーですりつぶされ、人参ケーキになるところです。ところが、今回気がついたのですが、ビフォアー アフターが撮られていないんです(笑)前回の 工事現場の 穴の写真、今回の ケーキになった写真!!ケーキはすでに おなかの中でした(^^♪ お粗末

この後 保存食になったのは みょうがの甘づ漬け、夕顔は汁ものように冷凍へ 今は採れ続けているミニトマトを ドライにしています。

秋まき野菜の季節 9月は一気に秋モードです。

暑中お見舞い申し上げます

お元気でお過ごしですか?暑さに負けづに 体をいたわりながら過ごしてくださいね。

かおるの 涼しい夏を体験しに来てくださいませ。

 

グラスに夏の光があたりキラキラ して綺麗です。

これはママの覚書です。オークションで入札しょうと思って覗いたら私にとっては、とんでもない金額になっていて(笑) 見て終わってしまったものです。

カタログ代わりにこの場を借りました(笑)

ちなみに、このシールが珍しくて写真撮りました。60年から70年代に日本からアメリカに向けて 輸出していた時代のものです。いま、裏を見ると マレーシアとかに生産拠点を移し 国内では生産されなくなり 寂しい限りですね。メイドインジャパン 貴重です!!

ちょっとドライブ!!

一度行ってみたいと 旦那くん。では・・と娘も一緒に(寝てばっかり)連れて行った。行き先は、高ボッチ高原と 阿保御トンネルを過ぎ、ぐるりと回り高山を抜け開田から帰るものです。ざっと、200キロぐらいかな?

細い山道をくねくね登ると 急に視界が開けてくる・・。電波塔が立ち並び、管理小屋がぽつんと・・・。晴れていたら、どんなにか素晴らしい眺めなんだろうか?と思っていた。諏訪湖と松本に、アルプスが望めるらしい・・・晴れていたら(笑)

これ、雲の中!!

管理等の前の保護された、一角。高山植物を保護しているらしい・・・?が・・・私たちにとっては、目の前のゲレンデの土手に生えている草刈りの対象ばかり・・・。いつもの「草」でしかなかった。

ここから、写真は撮らなかったのでご勘弁。上高地へ向かう道をひたすら走るのだが、なんと行き交う車の多いこと!!観光をなりわいにしている私たちにとっては、さまざまな計算式(笑)が頭の中を通過します~~。

大観光地があるって、すごいことなんだな~~バスのすごいこと。でも、高山を抜け361号に入ると、ナント寂しい車の数。これでは駄目だな~。

そんなさまざまを思いながら 走った時間でした。

ちなみに、私は運転しなかったんだ(-_-)zzz

夏の風物詩

ゲレンデに草刈りの音がしてきたら・・・。近所の酪農家が牧草刈りにやってきた音です。

草を刈り、畝のようにする機械でかき集め、良く見る、草の俵まで2日間で終了です。こちとら、人力で草刈りをするので 「貸してほしい~~」とうらやましく見るものの 大雑把な切り方で、ダメみたい。

可愛い ころころちゃん!!

こんな風に二段に重ねて牛君のいる場所へ持って行きました。

夏の風物詩です。