大量の教材よ さようなら

息子が高校卒業に伴い 大量のテスト 模擬試験、教科書の副読本やらさまざまを分けて、「捨ててもいいから」と出してきたのが これ!

箱、2箱分、紙袋6こ これ以外に少し捨てていたので すごいことになっていた。

もちろん 捨てたけれど。見えている オーヘンリーの「一枚の葉」は高校入学前に配られ 「読んでおくように」と初めての高校の 宿題が英文の短編だったので、四苦八苦して 高校の勉強の厳しさを知ることとなった ひとつ。

懐かしい!!

親も子供も、さまざま思い出があるのだな。

一人にこんなに 資源ごみがでるんだから 全国ではすごいことになっていることでしょう。息子「俺の 灰色の時代よさらば。。。」と言っていた。

思うように結果が出なかったからな~ 春は旅立ちの季節。

良い 旅立ちになりますように!!みなさんもヽ(^o^)丿

木曽川を覗いてみませんか?

長い木曽川に隣接した県は 幾つもありますが、ここ木曽福島は上流のあたり。河川も少し整備され川岸に降り立つこともできます。

少し有名な 狭い土地だからこその風景 「崖や造り」は下から覗きこむと、川にせり出した建物が迫ってきて迫力があります。よーく見ると、建物から落ちてしまったと思う 小物が落ちていたりしています(笑)

町中から突然出くわす細い 道にも入ってみてください。なかなか良いです。

宿場町らしい 格子戸の風景が生活の中に今でも 溶け込んでいます。

82銀行脇から見える建物は、昭和初期に建てられた「教育会館」今でも現役です。中は確か、見学できたはず。レトロ好きな方 いかがですか?

「たま菜」のランチ。日により変わります。季節の山菜などが入っていて「気」をもらっています。他にも よ~く見ると ランチやっていますよ!!

こっちらもたちよってくだsai

秋 燃える

私のことだからもしかすると、2017年のページはここで終了かもしれない。ならば、美しい風景を載せねば!!とこれにしてみた。体験前の大銀杏。主人が、小学校へ通っていた当時から見上げてきた 木だ。

青空に映え インスタ映えとはこのこと!そう思えた。

体験館繋がりで・・・趣味で沢山の人形を作ってきた お婆ちゃんが亡くなったが、作品は残され広く 見ていただいている。

木もそうだが、毎年同じ作業の繰り返しだけど 雨の日もあるし、穏やかな日もある。それが、日々の暮らしと おんなじだな~。

銀杏は銀杏の実を残し、お婆ちゃんは人形を残していった。

さて、私たちは 何を日々 伝え残していけるのか 立ち止まって深呼吸したい。

いもじゃ~芋

今年のサツマイモは 葉っぱは立派だったからさぞかし、素晴らしい芋様が・・・

と期待していたのに!!引っ張って「あれ?芋がない!!!!」芋がないんです!

小さくて「え?え」と掘り返しては 小さい!!かわいい!!

今年は肥料やりを怠ったようで・・与えた分しか帰ってこなかったことと(笑)

天候不順で、根のものは不作だったので。それでも、おいしいサツマイモ

明日は「晴れか!」作業の日

季節が進むと外の仕事もなかなか はかどらなくなるので、暖かい日があると 段取りよく作業をこなさないといけない。

畑仕事はもちろん、シーズン前は忙しい!!これは、暖房器具の汚れ落とし。開けられるところまで開けて 埃を取ってます!台数が多いので、なかなか終わらない。

これは、薪ストーブの煙突掃除の風景。部屋側と外側を外し煤が飛散しない様に、こうして・・・

晴れた秋の日の なんて貴重なこと(^-^)

ほら、秋来ているでしょ!

夏があまり暑い日がなく、雨ばかり降っていたので、キノコが豊作か?なんて、淡い期待もあったが、どっこい!豊作でなく凶作。昨年の4割ほど。

松茸が出なくて、キロ4万とかのうわさを聞いては、去年なら小金持ちになれた!!と 笑ってみた。

雨が多かったので、きのこの汚れもひどい!!これを食べられる状態にするのも 一苦労。でも、ひとつづつ手をかけて、食べられないキノコは ないかとチェックする作業になるので 大事なひと手間なのだ。

親子が 作業しながら会話するって いいよね!

赤い宝石 ビート

インスタ映え なる言葉が登場しているが、私も参加している。よく、料理の写真を目にするが、最近の傾向は、このピンク系 の食材が登場しているのだ。

ポリフェノールの多い食材は、切り口から綺麗で、蕪、大根、紫キャベツ、じゃがいもも、カラフルなものが 登場し、驚いている。

中でも、インスタクイーンと思っているのが このビートだ。巷ではビーつ と呼ばれているらしい。

水に入れた途端に、綺麗な赤が!!

ビート入りのケーキ。上は 焼く前の、ニューヨークの店に並んでいそうな 色でしょ?下は 焼きあがり。

ビート臭さはなく、美味しくできましたよ!!今年は冷凍したので何度となくデザートに出るかもしれません( ^^) _U~~

秋の実りの ムカゴご飯

長いもを育てているわけではないが、何年も前から自然薯ができている。今年はこのつるに かわいらしい実がなっていた。いつもは無関心だったが、つるを誘導していたので、どれどれと 収穫してみた。

炊いてみると「美味しい!」毎年 枯らせていたなんて残念だった。

わずかな量だったので、一度きりの恵み 来年は、もっと・・・。