河川工事だよ!

ひとつの「穴」がこんな大事の工事に!!

かおるの前の黒川は以前の洪水で、川が氾濫し床下浸水したため、堤防ができました。(え、そんなことがあったの?と言われそうだけれど) 今回はその堤防の隅にできたメロン大 ほどの穴から 話は始まります。

7月のとある日 釣り人から「堤防わきに穴があるので 危ないから」とお知らせが・・・。見ると、何だか見落とされそうな所に 穴が開いていました。主人が見て 「これは、大変だ!!釣り人でも落ちたら えらいことだ!!」って・・・?私には、その穴がよくわかりませんでした。

この写真のユンボの足元あたりに それはあった。見ると、「なんじゃい?これえ~?」堤防の隅に 「鼻くそ」程度の穴があいているだけでは有りませんか!! 何をそんなに大騒ぎして?と思って地下ずくと メロンぐらいの穴の奥が洋ナシか、ヒヨウタンみたいに 空洞ができていました。 高さは、川までなので2メートルは 有りそうです。

つまり、地上で見えた穴は本当にわずかでも 中の空洞は長い間堤防の基礎部分を壊し、中の石やら じゃりやらが流れ出てしまい大きな空洞を作ったようです。つまり、見えていたのは、ホンの頭の先だったわけです。

工事は、大きな石を詰め、コンクリを詰めるようでした。なんでこんなトラックやらの重機まで?対岸の草を刈り、ユンボデ釣りあげてブルトーザーが川に置かれました。川の中にある大きな石をユンボで釣り上げ水の流れを変える作業です。穴は、堤防の一か所に力がかかり続け壊れていったらしいので、そこを補強しつつ 穏やかな流れになるようにしていました。

どこにでも有りそうな話ですよね!!2日間だけでしたが お爺ちゃんと主人が わくわくしながら見守っていた工事でした。

夏の風物詩

ゲレンデに草刈りの音がしてきたら・・・。近所の酪農家が牧草刈りにやってきた音です。

草を刈り、畝のようにする機械でかき集め、良く見る、草の俵まで2日間で終了です。こちとら、人力で草刈りをするので 「貸してほしい~~」とうらやましく見るものの 大雑把な切り方で、ダメみたい。

可愛い ころころちゃん!!

こんな風に二段に重ねて牛君のいる場所へ持って行きました。

夏の風物詩です。

花咲く木曽路

南木曽の桃介橋のたもと。ひと月遅れの節句のために 木曽では6月初めまでこいのぼりが泳ぐのだ。

桜と花桃のコラボでナントも美しい!!上を見ると こいのぼり。足元を見ると、石の上に舞い降りた花びらが・・・

木曽福島の桜もご紹介。

興禅寺のしだれ桜はとても有名。

カメラに全容が収まりきらないぐらい大きいのだ!!無料で見学できるのでこの季節にはぜひとも足を延ばしてみて!!

「中乗さん」のお酒で有名な中善酒造店さん。いつでもやっているので覗いてみてね!!

御嶽海とアート作品

地元の宝として盛り上がっていたが、今ではもう長野県民の宝へと成長してくれた。

この、シャッターは木曽川のほとりちゃんこ・辰の屋の近くにあるアート。こうしたシャッターはじつはこの町 けっこうあるのだ。

朝早い時間や 休日とか目にすることができる。

歩いて見つけることのできるアートはいかが?

秋の思い出 キノコ祭り!!

紅葉の前は、キノコが気になるようで・・・松茸とりではない主人も 去年松茸に遭遇した 場所に行ってみては その周辺を見て回る。

雑キノコ が採れたりする。

雨上がりの日のキノコは最悪・・・もうボロボロ、ドロドロで、綺麗にするのも大変な作業で・・。

こんなんしてはきれいに掃除する。

でも、下手な鉄砲 数打ちゃあ 当たる  とは言ったもので、最後の時期になって主人 こんなに大きな「松茸」 採ってきた!! うわぁぁ~~その場でこんな風に 叫んだって(笑) 堂々の450グラム越え!! 倒れた木の隙間にあったらしく たまたま見つけることができて ラッキーだった。そうよ 私も こんなに大きいの初めて

本当に良い香りで 親戚で分けて食べちゃいました~

過ぎゆく秋に また来年!!

 

紅葉が綺麗です!!(でした・・)

今はもう 落ち葉が毎日舞い散る、晩秋のかおる です。少し前の美しいあの場所での紅葉の美しい 風景を 見せたくて!!

ママのビュウーポイント 黒川ダム。毎年 美しい紅葉の穴場的 場所です。

フィルター無しの この色 いかがです?川面の 紅葉も美しいのです。来年は ぜひ~

これは フィルター有りですが 美しいです。スキー場そば 真っ赤に燃えると ここの地区の秋も終りを告げます。

まだ、京都とかが話題になっていますね。皆さんの でっかい秋と 素敵な風景をお楽しみください。 (^.^)/~~~

いつもの 草刈り(アナログ編)ヽ(^o^)丿

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

機械を横目に見ながら HONDAのアメリカモデルの草刈り機を操作する 主人。

少し自走するらしいのですが、ワンコの散歩のごとく共に 歩いてゆかなくてはなりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何か鼻歌でも歌っているのでしょうか?

お客様が 使いやすいようにと使命のように草を刈ってゆきます。

行ったり来たり・・・。

息子に頼む時もあるのですが、その時はアニソンをガンガンに聞きながら草刈りするようです(笑) 無心でできるので 暑くなければ・・・なお良い とのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

頑張って~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑関係ないけど わらしべ長者 で頂いた 素晴らしいもも。記憶のメモ代わりに。

今年も 牧草刈り!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

草刈りが8月初旬にありました。

手で刈り取ると すごい時間がかかるのですが、機械ならあれよあれよと言う間に 刈られてゆきます。緑との色違いが 刈り取られたところ。

下の緑の機械は 刈られた草を撹拌してほし草作りに威力を発揮します。上の二枚は牧草型にロールする機会です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これです!これ・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この黄色の車は 冬場には除雪車として活躍します。バケットの部分を変えて物を挟めるようにし、牧草を挟んでは平らな かおるの前に草俵を次々と運んでは積み を繰り返していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

車に積み込んで

出発!! 三岳の牧場に運ばれるとか。元気な牛に育ってほしいな!!

静寂の 御嶽自然湖

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上高地の大正池では有りません。ここは、御嶽山の麓 王滝村の奥にあります。

長野県西部地震で 土砂でせき止められてできた 湖です。夏場はカヌー体験もできるのですが なにせ奥なので 多くの観光客は来れません。私も、主人も始めてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

橋の奥が カヌー体験の船着き場。

道路事情がよければ 多くの人がここにいるのでしょうが・・・・。この奥も 立ち枯れた木がたたずんでいます。ナントも 自然の力の大きさを 目のあたりにしたそんな光景でした。

そんでもって そんでもって・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人は 気になりだすとあれこれと 気になりだす(笑)

こうやまき の木が 下から大きな枝をのばしに伸ばしていて みょうが も陰で育っていなかった。その枝を 剪定しよう!!となり・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

道具は何でもある家なので チエンソー片手に ばさばさと枝を切ってみた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後 すっきりしました。下から何も見えないぐらい枝が張っていたのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

枝やら 雑草やら爺ちゃんが運びます。

その後の 余談

3日後ぐらいに 見知らぬ人が このきの剪定をさせてほしいと・・?きた 何でも 木や葉っぱとかを 卸ているらしく 花業界で売れるのだそうだ。

剪定する代わりに 枝を ください!!という話だった。

あ、あ~お金はもらえないが 捨てた枝を活用できるががあり しかも持って行ってくれるのだったら ここにあげたかった!!

うまくは行かないものだった。