夏の終わりに・・・

冬の日々の話もそうだけれど、夏の終わりは忙しい・・・・

新しく 秋野菜のために耕しては種を蒔く作業をしなくてはならないのだ。それと並行して収穫される夏野菜を加工するなどしていかないといけない。

夏場の多くのお客様が来られているときは 足りないぐらいだが 数人ともなると・・・写真はミニトマトのセミドライに加工したもの。

バジルは バジルソースにして瓶詰に。バジルを収穫していたら爺ちゃんが来て「これはなんというもんだい?」と聞くので「バジルだよ」 「え?パシル」 違うよ~バジル!! 「パシル?」 え?は にてんてん の「バ~」なんて まるでドリフ みたいなやり取りをし(笑) でもって「それは おひたしにして食うのか?」と言うので 私は言い返せづ「そうだよ。爺ちゃんに食べさせてあげるわ!!」と続くのであった。

ドライトマトも入れてみましたよ~

これは今もなっている 辛南蛮 この地域独特の食べ方をする 辛いトウガラシ。これの種を取り刻むのだが マスク、手袋 なしには作業ができないほど 刻むとあの独特の辛味臭が~~

麹と砂糖 醤油、刻んだ南蛮をいれて 煮ます。煮詰まって瓶詰。美味しくもパンチの利いた味噌の出来上がり!!

かくしていまだに こつこつと保存食が作られているのだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA